借入とはなに?

「借入とはなにか?」と聞かれたら、一般的には「金融機関からお金を借りる事」と答えるのではないでしょうか。もっと具体的に言えば、銀行や信用金庫、あるいは消費者金融やショッピングで利用している信販系・流通系クレジットカードでお金を借りる事となるでしょう。そして、「借入」という言葉は、お金を貸す側から言うと「融資」という言葉に置き換えられます
また、「借入」には、いくつかの方法があると思います。今日では借入は、銀行や消費者金融、あるいは信販会社のカードローンという金融商品を利用するかたちで行われるのが多いと思われます。それ以外では、自動車購入の目的でお金を借りる「自動車ローン」や不動産を購入するための資金として借入れる「住宅ローン」が身近な借入方法になると思います。「お金を借りる」ことが借入となります。一方、借入は原則として誰でも可能となりますが、どのような借入の方法においても、審査があり、その審査に通らないと借入は実現しません

 

借入に関する基礎知識

 

借入に関する基礎知識としては、まず「借入目的」を明確にして実行することです。
たとえば、旅行費用のための借入、冠婚葬祭費用の借入、あるいは高価な物品購入目的の借入など、お金を借りる目的を明確に決めてから借入するのが基本と言えます。また、漠然とお金を借りる人ってあまりいないと思います。

 

2つ目は、「いくら借入してどこから借入するのか?」ということです。借入では「必要以上のお金は借りない!」が大切になります。また、銀行か?消費者金融か?と借入先を決めることも借入での基本となります。
たとえば、「すぐにお金を借りたい!」のなら、即日融資が可能な消費者金融が良いでしょう。「金利の低いところがいい!」と考えるなら、低金利の銀行がおススメとなります。

 

そして、借入の基本において、特に重要なのは「いつまで返済するのか」といった点なんです。返済計画の目途が立たない借入は、「借入として成り立たない!」と考えてください。なぜなら、そのような借入は、「返済できない借入」となってしまい、返済不履行といった大きな問題を起こしてしまうからです。
そのことから「借入は返済から考えて決める!」とが借入の基本中の基本と言って過言ではありません。